野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は13日、新潟県三条市の三条パール金属スタジアムで新潟と対戦、0-3で敗れた。3連敗で通算成績は6勝25敗。

 栃木GBは先発のウーゴが二回に先制ソロ本塁打を浴び、七回はソロ本塁打と適時打で2点の追加点を許した。

 打線は1点を追う三回1死無塁から橋爪脩祐(はしづめしゅうすけ)と関口貴弘(せきぐちたかひろ)の連続安打で好機をつくったが、後続が倒れて無得点。その後もバットは湿り、計4安打に抑えられた。

 同日、群馬は滋賀に5-2で勝ち、東地区の前期優勝を決めた。

 栃木GBの次戦は15日。午後1時から小山運動公園野球場で武蔵と対戦する。