田沼西地区の小中一貫校の校名案が示された第1回市総合教育会議

 【佐野】本年度の第1回市総合教育会議が19日、市役所で開かれ、2020年に開校予定の田沼西地区の小中一貫校の校名案として「あそ野学園義務教育学校」が示された。校名を含めた条例改正案が市議会6月定例会に提出される。

 会議には岡部正英(おかべまさひで)市長ら市幹部と、岩上日出男(いわかみひでお)教育長ら市教育委員5人が出席。田沼西地区の小中一貫校について、これまでの進行状況が提示された。

 校名案は最初にアンケートを実施し、その結果に基づき校名を募集。応募があった87件から「田沼西義務教育学校」「あその義務教育学校」など10案を選んだ後、3件に絞り、最終案として「あそ野学園義務教育学校」に決まった。

 「あそ野」は田沼西中の文化祭や文集などにも使われる親しみのある名称。新しい学校なら新しい校名がよいことなどから選ばれたという。