清原保育園「清原ねいちゃーきっず」の壁新聞

 【宇都宮】環境活動に取り組んでいる清原保育園(野高谷町)の園児らでつくる「清原ねいちゃーきっず」がこのほど、全国エコ活コンクール(こどもエコクラブ全国事務局主催)の壁新聞幼児部門の最高賞にあたる「ミールケア・エコまる賞」に選ばれた。18日に同園で表彰式があり、賞状と絵本を受け取った園児たちは大喜びだった。

 コンクールは、日本環境協会が全国各地の子どもたちの環境活動を支援する「こどもエコクラブ事業」の一環として実施している。今回は同部門に全国から20点の応募があり、同保育園と青森県十和田市の保育園の2園が同賞を受賞した。

 清原ねいちゃーきっずは、これまでの活動をまとめた壁新聞を応募。鬼怒川の魚や土壌を守るために年間を通して河川敷などのごみを拾う清掃活動や、資源ごみの分別学習、温度上昇を抑えるヘチマのグリーンカーテン育成などさまざまな活動を写真入りで紹介した。園児らと保育士が力を合わせて、ひと月ほどかけて作り上げる。