とちぎ地方創生推進会議の本年度初会合=21日午前、県公館

 人口減少対策として県と県内全25市町で組織する「とちぎ地方創生推進会議」が21日、県公館で開かれた。県は、地域で活躍する人材と福田富一(ふくだとみかず)知事らが意見交換する「とちぎ創生アイデア会議」の初会合を6月10日に益子町で開くことを明らかにした。

 アイデア会議は農業やまちづくり、移住、育児など各分野で専門的な知見を持ち地域で活躍する“エキスパート人材”と福田知事や市町担当者が直接意見交換する。エキスパート人材の活動や意見を県や市町で共有し、地方創生に向けた施策の参考にする。