【矢板】斎藤淳一郎(さいとうじゅんいちろう)市長は21日の定例記者会見で、介助犬や盲導犬など身体障害者補助犬の医療費助成制度を今月スタートしたと発表した。

 健康診断や予防接種に要した費用について年3万6千円を上限に助成。狂犬病予防法に基づく犬の登録手数料を免除する制度も始めた。

 同様の制度は宇都宮市などに続き県内4番目。