16日午後2時半ごろ、宇都宮市大通り2丁目のビル4階部分で、外壁補修工事の足場を組んでいた足利市、会社員男性(31)と、ベトナム国籍、同市、技能実習生男性(36)が高さ約11メートルから転落し、全身を強く打ち間もなく死亡した。

 宇都宮中央署によると、2人はビルの外壁補修工事作業をしており、事故当時は2人を含め男性4人で工事用の足場を組む作業をしていた。2人が転落した際、別の1人は近くの鉄パイプにつかまり、もう1人も転落を免れた。

 同署は2人がどこから転落したかなど詳しい状況を調べている。

 現場のビルはテナントが入る10階建てで、JR宇都宮駅から西に約700メートルの大通り沿い。

 ビル内にいた会社員女性(30)は「窓の方からガラガラガラという大きな音が十数秒間も聞こえ続けた」と話した。