雪の岩舟駅前が描かれた映画ポスター(コミックス・ウェーブ・フィルム提供)

 新海誠(しんかいまこと)監督のアニメ映画「君の名は。」のヒットに伴い、JR両毛線の岩舟駅に静かなブームが訪れている。監督の代表作の一つで駅が登場する「秒速5センチメートル」(2007年公開)も再注目されており、映画の舞台に“巡礼”に訪れるファンの姿もちらほら。地元住民も盛り上がりを歓迎している。

 「君の名は。」は5日までに国内興行収入が200億円を超え、興行収入は邦画で歴代2位となった。1位は宮崎駿(みやざきはやお)監督の「千と千尋の神隠し」(308億円)。

 「秒速-」は、小学校で出会い好意を寄せ合いながも離れ離れになった男女、貴樹(たかき)と明里(あかり)の再会と心の動きなどが描かれている。岩舟は明里の転校先で、雪に覆われた駅周辺が登場する。

 県内に雪が降った11月24日。ツイッターには「岩舟駅に行きたい」「今の天気だったら映画の雰囲気を味わえそう」などとの投稿が並び、実際に駅で撮ったとみられる写真もアップされた。日本出張中の10日に駅を訪れた中国・上海在住、会社員殷悦(いんえつ)さん(24)は「映画を見て来たくなった。すごく感動した」と満足げだった。