来月開幕する第46回県少年サッカー選手権大会(県サッカー協会、下野新聞社、栃木放送主催)の組み合わせ抽選会が1日、宇都宮市の帝京大宇都宮キャンパスで開かれ、対戦カードが決まった。

 選手権の部には、昨年より5チーム多い181チームが出場。11月18日に開幕し、19、23、26日の計4日間、県内各地で熱戦を展開する。

 県グリーンスタジアムは使わず、開会式は11月18日午前9時25分(入場行進は午前8時30分)から壬生町総合公園陸上競技場で実施。決勝は26日午後0時30分から、さくら市のさくらスタジアムでそれぞれ行う。

 この日は各チームの代表者らが出席し、抽選で対戦相手を決めた。開会式の選手宣誓は上三川FCの選手が務める。

 ジュニアの部(4年生以下)は今回からオープン参加となり、112チームが出場。選手権の部に先立って10月21、22の両日に県内各地で実施する。