特別ルールで3点本塁打を放ち、仲間と喜ぶ埼玉クラブの川嶋(中央)=県営A球場

 第48回県学童軟式野球大会第2日は23日、県営A球場など11会場で2回戦の残り37試合を行った。

 足利南クラブ(足利)は、5本塁打などで26点を奪う猛打でFC宝木(宇都宮)にコールド勝ち。明治クラブ(上三川)も20点を奪い、野木ビクトリーベアーズ(野木)に完勝した。

 埼玉クラブ(那須塩原)は10-10からの延長特別ルールで8点をもぎ取り、青葉BlueWings(足利)との点の取り合いを制した。桜学童(宇都宮)は六回にサヨナラスクイズを決め、7-6で犬伏東・界クラブ(佐野)に競り勝った。

 矢板南ファイターズ(矢板)は2投手の継投で今三ファイターズ(日光)を無安打無得点に抑えた。石上スカイラーク(大田原)、坂上学童(上三川)、篠井学童(宇都宮)は先発が力投して完封勝ち。前年優勝の絹学童(小山)は市貝ウイングス(市貝)を7-0の五回コールドで下し、連覇に向けて好発進した。

 大会第3日は24日、同球場など8会場で3回戦32試合を行う。