第45回県少年サッカー選手権大会(県サッカー連盟、下野新聞社、栃木放送主催)最終日は11日、県グリーンスタジアムで準決勝と決勝を行い、出場176チームの頂点が決定する。

 準決勝は午前10時からヴェルフェU-12(塩南)-プラウド栃木(北那須)戦、午前11時から足利トレヴィータFC(両毛)-ともぞうSC(宇河)戦が行われ、その後、決勝が午後1時半からキックオフとなる。

 大会連覇を狙うヴェルフェU-12は、11月の全日本大会県予選も優勝し今季二つ目のタイトル獲得に燃える。その王者に、準々決勝をPK戦の末に勝ち抜き、初の4強に名乗りを挙げ上げたプラウド栃木が挑む。第2試合は、快進撃で勝ち上がり初の4強入りを果たした足利トレヴィータFCと、2年前の優勝チームで覇権奪還に燃えるともぞうSCが激突する。