第45回県少年サッカー選手権第2日は23日、那須烏山市の大桶運動公園など4会場で3、4回戦48試合を行いベスト16が決定した。

 ◇ 県少年サッカー特集(結果・写真など)

 HFC・ZERO真岡(芳賀)は、4回戦でJFCファイターズ(同)と対戦、3-2で競り勝った。前半、1点を先制されたHFCだったが、FW坂本怜輝(さかもとれいき)のゴールで同点とし、後半開始直後も坂本が追加点を奪って逆転。その後も攻勢を緩めず逃げ切った。

 FC栃木ジュニア(下都賀)はPK戦の末に3-2でAS栃木bom de bola(北那須)に勝利。野木SSS(下都賀)はMF岩崎星嵐(いわさきせいら)主将がハットトリックを達成し、3-0で東那須野FCフェニックス(北那須)を下した。

 リフレSC(宇河)も7-0でFC中村(芳賀)に圧勝。FC Boa Sorte(塩南)は1-0でFCバジェルボ那須烏山(同)を下し、同地区対決を制した。

 大会第3日は27日、宇都宮市サッカー場で5回戦と準々決勝の計12試合を行い、ベスト4が出そろう。