陸上の第64回県春季大会兼第73回国体1次予選会は21、22の両日、佐野市運動公園陸上競技場で中学男女を行い、6種目で大会新記録が誕生した。

 男子400メートルはブルガ・アリエル(佐野城東)が50秒61の大会新記録で優勝し、200メートルとの2冠。同400メートルリレーでは小山三が44秒33で大会記録を塗り替え、同110メートル障害は中里碧翔(なかざとあおと)(大谷)が14秒80の大会新記録をたたき出した。同走り高跳びは阿見凜人(あみりとな)(西那須野)が1メートル88で栄冠をつかんだ。

 女子200メートルは仁野平千怜(にのひらちさと)(阿久津)が25秒38、同四種競技は田口真悠(たぐちまゆ)(姿川)が2699点で制した。