男子200メートル決勝、21秒66で優勝したマデロ・ケンジ(佐野城東、左から2人目)=熊本市のえがお健康スタジアム(提供写真)

 全国中学スポーツは21日、熊本県民総合運動公園陸上競技場(えがお健康スタジアム)ほかで行われ、陸上男子200メートルでマデロ・ケンジ(佐野城東)が21秒66の県中学新記録で優勝した。ホッケーの今市も男子が2年連続4度目の王座、女子も準優勝に輝いた。

 ホッケー男子の今市は決勝で伊吹山(滋賀)と対戦。2点を追う前半14分、斎藤司(さいとうつかさ)が1点返すと、後半1分に川村柊介(かわむらしゅうすけ)、11分に小林正人(こばやしまさと)がゴールを決めて逆転勝ちした。

 陸上は女子800メートルで平山萌花(ひらやまもえか)(若松原)が5位、千葉彩良(ちばさら)(大田原)が6位入賞。男子3000メートルでも工藤巧夢(くどうたくむ)(同)も7位入賞を果たした。弓道団体は男子の清原、女子の大田原がともにベスト8。体操男子個人総合では安里透摩(やすざととうま)(宮の原)が8位と健闘した。