県高野連は大会終了後、今大会の優秀選手20人を発表した。優勝した作新からは高山陽成(たかやまようせい)投手ら5人、準優勝の青藍泰斗からは4人が選ばれた。首位打者には打率6割3分6厘で長谷川太洋(はせがわたいよう)(国学栃木)が輝いた。

 優秀選手は次の通り。

 高山陽成、磯一輝、沖龍、田中碧、篠田大輔(作新)益子京右、大塚璃音、海老原優輝、高久立樹也(青藍泰斗)熊谷倫太朗、中山晃太郎(白鴎足利)渡辺匠、大栗拓也、長谷川太洋(国学栃木)青木陽太(文星付)小島憲信(小山南)斎藤颯斗(佐野日大)田島翔太(宇南)愛沢祐亮(宇都宮)相馬裕太(那須拓陽)