県高野連の藤田光明新理事長

 県高校野球連盟は11日、県総合教育センターで第1回部長会議を開き、新理事長に副理事長兼事務局長の藤田光明(ふじたみつあき)氏(宇工)を選出した。2012年から6年間理事長を務めた阿部司(あべつかさ)氏(同)は定年に伴い退任し、理事兼事務局長に就任した。

 会議には各校の部長ら約100人が出席。役員改選では村上実(むらかみみのる)(今市)、梶木英彦(かじきひでひこ)(県教委)の両理事が退任し、新理事に斎藤慎太郎(さいとうしんたろう)(鹿商工)、八木祐樹(やぎゆうき)(文星付)の両氏を選出。会計監査には篠原誠(しのはらまこと)氏(宇商)が新任した。菊池透(きくちとおる)副会長(前真岡)は退任した。

 就任した藤田理事長は「ここ数年、栃木県が全国でも通用するような県として評価をいただいている。みなさま方と切磋琢磨(せっさたくま)して、強くレベルの高い県として仕事をしていきたい」とあいさつした。

 議事では、本年度からタイブレーク制を採用することなどを報告。また、指導者や生徒による暴力行為などの不祥事の防止と、発生した場合の報告徹底などを確認した。