県高野連は9日、夏の甲子園を懸けた「第100回全国高校野球選手権栃木大会」を7月6~22日までの延べ15日間で開催すると発表した。県営球場の改修工事に伴い、開会式は清原球場で行い、例年延べ12日間で行っていた開催期間を3日間増やす。組み合わせ抽選会は6月20日。

 2018年度の各大会日程も発表し、春季県大会は4月21日~5月4日の延べ8日間、千葉県で開催される関東大会出場を懸けて熱戦を展開。センバツ甲子園につながる秋季県大会は9月8日に開幕し、関東大会は山梨県で行われる。

 また、県高野連の創立70周年記念式典を6月30日、宇都宮市内のホテルで行う。

 日程は次の通り。

 ▽第71回春季県大会(4月21日~5月4日、延べ8日間)▽第70回春季関東大会(5月19日から、千葉県)▽県高野連70周年記念式典(6月30日、ホテルニューイタヤ)▽第100回全国選手権栃木大会(7月6~22日、延べ15日間)▽第11回交流戦(8月18、19日)▽第71回秋季県大会(9月8~30日、延べ11日間)▽第71回秋季関東大会(10月20日から、山梨県)▽第9回1年生大会県大会(11月10、11日)