石川翔投手

 プロ野球ドラフト会議で中日に2位指名された青藍泰斗高の石川翔(いしかわしょう)投手(17)=179センチ、81キロ=の仮契約交渉が9日、都内のホテルで行われ、入団が決定した。契約金6千万円、年俸700万円で背番号は未定。(金額は推定)

 東京都板橋区出身の石川は直球の最速151キロの本格派右腕で、今夏の県大会では同校の4強入りに大きく貢献した。

 中日側は中田宗男(なかだむねお)スカウト部長、正津英志(しょうつえいじ)スカウトが出席。中田部長は石川について「力強さとしなやかさを備えた、類いまれな素材。しっかり体をつくり、エースとして10年活躍してほしい」と最大級の賛辞を贈った。

 仮契約を終えて石川は「やっとプロの世界に入る実感が沸いた。期待に応えられるように焦らず、慌てず一歩ずつ進みたい」と抱負を語った。