21日に神奈川県で開幕する第70回秋季関東地区高校野球大会の組み合わせ抽選が11日、都内で行われた。県大会で18年ぶりの栄冠をつかんだ国学栃木は1回戦で市立川越(埼玉2位)と、今大会連覇を狙う作新は関東学園大付(群馬2位)と対戦する。

 18年ぶり6度目の出場を果たした国学栃木は21日午前10時半から、サーティーフォー保土ケ谷球場で1回戦を迎える。4年ぶり4度目の出場となる市立川越は、埼玉県大会決勝で今夏の甲子園王者・花咲徳栄を相手に善戦しており、侮れない。

 2年連続23度目の舞台を踏む昨年の覇者・作新は横須賀スタジアムで同日午後0時半試合開始予定。関東学園大付は25年ぶり3度目の出場。群馬県大会で打点7の4番来須悠人(くるすゆうと)、打率5割を超える河田悠仁(かわたゆうじん)ら中軸に勢いがある。

 決勝は25日。成績は来春のセンバツ甲子園の選考材料となる。