佐野日大-青藍泰斗 2回、青藍泰斗の益子が先制のホームイン=清原球場

 第70回秋季県高校野球大会第9日は24日、清原球場で準々決勝2試合を行い、青藍泰斗と国学栃木がベスト4に進出した。

 青藍泰斗は同点で迎えた七回、川端の適時打で勝ち越し。その後、大塚のソロ本塁打などで突き放し、佐野日大を6-3で下した。佐野日大は、青藍泰斗を上回る12安打を放ったが、3点を奪った五回以外はつながりを欠いた。

 国学栃木は序盤の攻撃で主導権を握り、宇南に8-0、七回コールド勝ちした。投手陣は、水澤-渡辺-宮の継投で、宇南打線を5安打完封。宇南は4失策と守備が乱れ、失点につながった。

 大会第10日は30日、清原球場で、関東大会出場権を懸けた準決勝2試合を行う。第1試合は作新-小山南、第2試合は青藍泰斗-国学栃木。