6回、小山南の添野が勝ち越しの適時打を放ちガッツポーズ=清原

 第70回秋季県高校野球大会第8日は23日、清原球場で準々決勝2試合を行い、ノーシードの小山南がシードの白鴎足利を撃破。作新は、文星付を下し準決勝に名乗りを挙げた。

 小山南-白鴎足利は、小山南が2-4から五回表に2点を挙げ追いつくと、六回表に決勝の1点を追加、5-4で白鴎足利に競り勝った。

 シード同士の対戦となった作新-文星付は、作新が8-2と大差でリードしていた八回裏、文星付が大量5点を挙げ1点差に迫ったが、あと一歩及ばず、作新が8-7で薄氷の勝利を収めた。

 第9日は24日、清原球場で準々決勝の残り2試合を行う。

 ◆23日の試合の1打席速報