応援団からエールを受ける作新ナイン=JR宇都宮駅

 7日開幕の第99回全国高校野球選手権大会に出場する作新ナインが1日、甲子園に向けて出発、同日JR宇都宮駅で出発式が行われた。保護者や高校野球ファンら約300人が、甲子園大会連覇を目指して決戦の地へと向かう選手らを見送った。

 出発式には福田富一(ふくだとみかず)知事や県高野連関係者が駆け付けた。阿部司(あべつかさ)理事長は「(県大会で)優勝してこれほど泣いたチームは初めて見た。その重圧をはね返した力を甲子園でも発揮し、再び大優勝旗を栃木に持ち帰ってほしい」と激励。小宮正夫(こみやまさお)駅長から練習用のボールがチームに贈られた。