茨城県で20日に開幕する第69回春季関東地区高校野球大会の出場18校が出そろい、8日までに組み合わせが決定した。本県1位の白鴎足利は霞ケ浦(茨城2位)、2位の作新は明秀日立(同1位)と初戦を戦う。

 大会は各都県大会の上位2校(開催県の茨城は4校)の18校によるトーナメント戦。24日までの5日間、水戸市民球場とひたちなか市民球場で熱戦を繰り広げる。

 白鴎足利は水戸市民球場で、作新はひたちなか市民球場でいずれも21日午前11時30分から試合開始。決勝は24日午前10時から水戸市民球場で行う。