白鴎足利-作新決勝 1回表白鴎足利1死一塁、北浦に右越えの2点本塁打を浴びた作新の篠原。後方は一走・益子太

 旋風が、ついにやんだ。

 3季連続優勝を狙った作新が白鴎足利に完封負け。誇らしげに校歌を歌う相手チーム。作新ナインはその姿を目に焼き付け、口を真一文字に結んだ。

 先発・篠原聖弥(しのはらせいや)が立ち上がりにつかまった。先頭打者に攻めた内角直球を右翼線に弾き返されると、3番には中前、4番には右翼スタンドへと運ばれた。「1球の重みを痛感した」。背番号10は視線を落とした。

 だが問題は、「ならば」と奮起しなかった打線だ。9イニング中、6回で三者凡退。散発4安打で三塁を踏んだのは五回のわずか一度だけ。

 夏を見据え、投手層の厚みを増すべく、主戦の大関秀太郎(おおぜきしゅうたろう)を温存した。代わって篠原が今大会全試合で先発し、3試合で完投し経験値を上げた。

 だが、準決勝まで強打を誇った打線が、決勝の大一番で不発。

 県内での久々の敗戦でナインは目を覚ますか。「この厳しさが分からないと夏は通用しない」と言い放つ指揮官。夏はもう、すぐそこに来ている。