第70回春季県高校野球大会地区予選は15日、北部、中部、南部の各地区で代表決定戦計11試合を行い、黒磯、小山西などが県大会出場を決めた。

 烏山と対戦した黒磯は2-1で逃げ切り、小山西は4-3で佐野松桜に逆転サヨナラ勝ちした。真工、矢板中央、宇都宮などはコールド勝ちした。シード宇南は2-3で白楊に競り負けた。

 16日は各地区で代表決定戦の残り8試合を行い、県大会出場チームが出そろう。