男子個人無差別級 岩崎(国学栃木)-長谷川(白鴎足利)決勝、岩崎(右)が攻め気を貫き、優勢勝ち=県武道館

 第40回全国高校柔道選手権大会栃木大会初日は21日、県武道館で男女各階級の個人戦を行い、男子73キロ級の斎五沢航介(さいごさわこうすけ)(白鴎足利)、女子無差別級の大場栞(おおばしおり)(同)、57キロ級の石嶋青空(いしじまそら)(国学栃木)の3人が2連覇を飾った。

 男子無差別級は岩崎光熙(いわさきこうき)(国学栃木)が前回王者を破って初優勝。60キロ級は高橋昇平(たかはししょうへい)(同)、66キロ級は加藤瑠(かとうるい)(白鴎足利)、81キロ級は1年生の沢口宗志(さわぐちそうし)(同)が頂点に立った。

 女子52キロ級は昨夏の全国高校総体も経験した1年生の冨張(とみはり)さやか(国学栃木)が同学年対決を制して優勝。48キロ級は原菜々子(はらななこ)(作新)、63キロ級は浅野虹(あさのなな)(白鴎足利)が女王となった。