女子優勝の佐藤・保利組

 テニスの県高校総体兼関東大会県予選は18日、県総合運動公園テニスコートで男女のダブルスが行われ、男子は決勝で郷田知宏(ごうだともひろ)・青木智寛(あおきともひろ)組(文星付)が荘隆二(そうりゅうじ)・木本涼介(きもとりょうすけ)組(足工大付)を8-5で下して優勝。女子決勝は佐藤成美(さとうなるみ)・保利(ほり)ちひろ組(作新)が8-3で寺田夏美(てらだなつみ)・篠崎有里(しのざきゆり)組(宇中女)を退けて2連覇を果たした。