ジュニア各部門で優勝した(左から)横山、塚原、金子、渡辺

 第52回県知事盃争奪ゴルフ競技大会(県ゴルフ連盟、県ゴルフ場協議会、下野新聞社主催)は18日、那須町の那須伊王野CCでジュニアの部4部門の決勝を行い、中学生の男子は塚原悠斗(つかはらゆうと)(佐野城東中3年)、女子は横山珠々奈(よこやますずな)(氏家中2年)がともに初優勝を飾った。

 ◆ 知事盃ゴルフ特集はこちら

 ◆ WEB写真館はこちら

 塚原は3アンダーの69で2位に3打差をつけた。前半アウトを1アンダーで折り返すと、後半も安定したゴルフで2バーディーを奪った。女子の横山は6バーディー、2ボギーで68をマーク。前々回女王で2位の佐藤有仁加(さとうあにか)(宇大付属中3年)に6打差をつけて圧勝した。

 男女混合の小学高学年は3人が1アンダーの71で並んだが、大会規定により金子佳矢(かねこけいや)(宇都宮市戸祭小6年)、低学年は渡辺日向(わたなべひなた)(同清原東小3年)が1オーバーの73でともに2年連続で頂点に立った。