初優勝した菊地りお(宇都宮)のティーショット=鶴CCアウト1番

 第52回県知事盃争奪ゴルフ競技大会(県ゴルフ連盟、県ゴルフ場協議会、下野新聞社主催)は7日、宇都宮市の鶴CC(東・中コース、5775ヤード、パー72)で一般女子の部決勝を行い、文星女高2年の菊地(きくち)りお(宇都宮)が2アンダー、70で初優勝した。

 時折小雨がぱらつく天候の中行われた決勝には50選手が出場。菊地は好調なパットを武器に2バーディー、ノーボギーにスコアをまとめた。

 前半イン(中コース)は4番パー3、9番パー4でバーディーを奪って首位タイでターン。後半アウトはスコアを伸ばせなかったが、9ホールすべてでパーをセーブして逃げ切った。

 1打差の71で小山三中3年の池羽陽向(いけば)陽向(ひなた)(小山)が2位、7バーディーを奪った文星女高3年の大島桃果(おおしまももか)(宇都宮)がイーブンパー、72で3位に入った。

 ◆ WEB写真館はこちら