こいのぼりが泳ぐ中、多くの来場者でにぎわった「こどもまつり」

 【大田原】こどもの日の5日、福原の市ふれあいの丘で「第22回ふれあいこどもまつり」(市ふれあいの丘主催)が開かれた。101匹のこいのぼりが泳ぐ芝生広場を中心に多彩なイベントが開かれ、親子連れなど約5千人(主催者発表)が訪れた。

 駐車場が満車になる盛況ぶりで、多くの来場者が臨時駐車場と会場を結ぶ無料シャトルバスを利用して足を運んだ。

 子どもたちは、今回初めて実施された謎解きゲームをはじめ、スナッグゴルフやスライム作り、マスのつかみ取りなどのイベントに熱中した。