関甲新学生野球秋季1部リーグ第5節は1日、甲府市の山梨学院大野球場で2回戦2試合を行い、作新大が新潟医療福祉大に13-3の八回コールド勝ちを収め、対戦成績を1勝1敗とした。

 作新大は長短12安打の猛攻で新潟医療福祉大の投手陣を攻略。序盤3回までに3点をリードし、五回からは毎回得点。9点リードで迎えた八回は、3番佐々木優(ささきまさる)(宮城・古川学園)が中前打、4番川田晃司(かわだこうじ)(神・横浜)が四球で出塁。続く倉持秀哉(くらもちしゅうや)(栃工)が野選で進塁すると、金沢祐太朗(かなざわゆうたろう)(茨・つくば国際大学高)が自身初の満塁本塁打を放ち、試合を決めた。