作新大-山梨学院大1回戦 10回、作新大の川田が中前適時二塁打を放つ=清原球場

 関甲新学生野球秋季1部リーグは2日、清原球場で開幕、第1節1回戦2試合を行い、作新大が延長戦の末5-4で山梨学院大を下し、白星スタートを切った。

 作新大は初回に相手の捕逸で1点を先制すると、四回は佐々木優(ささきまさる)(宮城・古川学園)の右前適時打で1点を追加。五回は1死一塁で倉沢弘毅(くらさわひろき)(今工)が大会第1号本塁打を放ち突き放した。九回に追い付かれたが、延長十回2死三塁の好機で主砲・川田晃司(かわだこうじ)(神・横浜)が左中間に適時打を放ち、勝負を決した。