バックスの選手の指導で書類作成する高校生

 【日光】確定申告の受け付けが16日に始まるのを前に、HC栃木日光アイスバックスの選手8人と日光明峰高のアイスホッケー部生徒4人は9日、日光霧降アイスアリーナで書類作成と電子申告を体験する「税の合同練習」を行った。

 鹿沼税務署によるプロスポーツ選手向けの研修会で3回目。今回はプロの卵にも体験してもらおうと、同校生徒を初めて招いた。

 生徒たちはバックスの選手の指導で、プロの1年間の所得と経費の仮定金額を基に青色申告決算書を作成。続いて同校OBの古橋真来(ふるはしまくる)(24)、乾純也(いぬいじゅんや)(22)両選手が国税電子申告・納税システム(e-Tax)で模擬申告をした。