第3ピリオド9分、バックスのFW古橋(右端)がゴールを狙う=日光霧降アイスアリーナ

 アイスホッケーアジアリーグの国内4チームによる総当たりリーグ戦「ジャパンカップ」は14日、日光霧降アイスアリーナで行われ、HC栃木日光アイスバックスは2-3で東北に競り負け、開幕からの連勝は3でストップした。

 バックスは開始32秒にFW斎藤毅のゴールで先制。しかし第2ピリオド9分、15分に連続失点し、逆転を許した。第3ピリオド10分に3点目を献上し、残り15秒に再び斎藤毅のゴールで1点差としたが、追い上げもそこまでだった。

 バックスは20日午後1時から、西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで東北と対戦する。