アイスホッケーアジアリーグ5位のHC栃木日光アイスバックスは10日、日光霧降アイスアリーナで6位のデミョン(韓国)と対戦、1-4で敗れた。通算成績は12勝14敗、勝ち点35。ホーム最終カードで連敗し、プレーオフ進出圏外となる6位に後退した。

 バックスは第1ピリオド17分38秒にFW岩本和真が先制ゴールを決めたが、18分59秒に失点。第2ピリオド19分19秒に勝ち越し点を許した。1点を追う最終ピリオドは終盤に6人攻撃を仕掛けたが決められず、逆に19分10秒、55秒と無人のゴールに2連続で得点を決められた。