アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは26、27の両日、敵地で首位サハリン(ロシア)との2連戦に挑む。リーグ中断で25日ぶりの試合となるバックスは、ここまで9勝11敗、勝ち点27の4位。リーグも残り8試合となり、プレーオフ(PO)進出圏内(5位以内)確保に向けて正念場が続く。

 今季リーグは各28試合で争う。24日時点で勝ち点45のサハリン、42のハルラ(韓国)、37の東北の上位3チームがPO進出に近づいている。一方、バックスから最下位デミョン(韓国)までの5チームが勝ち点2以内にひしめき合い、残り2枠を争っている格好だ。