アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは22日、青森県八戸市のテクノルアイスパーク八戸で東北と対戦、1-8で完敗した。通算成績は7勝9敗、勝ち点20。

 バックスは第1ピリオド8分13秒、パワープレーの時間帯に先制点を許したが、同42秒にFW寺尾勇利のゴールで同点に追い付いた。しかし、その後は連続で失点を重ね、シュートを放ったが最後までゴールネットを揺らせなかった。

 バックスは28日午後4時から、日光霧降アイスアリーナでハイワン(韓国)と対戦する。