アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは15日、韓国・安養でハルラ(韓国)と対戦し、2-4で連敗を喫した。通算成績は6勝8敗、勝ち点18で順位は6位のまま。

 バックスは第1ピリオド終了間際に先制点を許すと、続く第2ピリオドにも2連続失点。第3ピリオドは相手を上回る22本のシュートを放ち、5分にFW斎藤毅(さいとうたけし)、13分にFW寺尾勇利(てらおゆうり)が2連続得点。終盤にはGK福藤豊(ふくふじゆたか)を下げて6人攻撃を仕掛けたが、逆転勝利は遠かった。