9回、栃木GB・松井の右前適時打で二走・内山がサヨナラのホームイン=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスは11日、小山運動公園野球場で巨人3軍と対戦し、7-6でサヨナラ勝ちした。通算成績は6勝3分け8敗。

 栃木GBは1点を追う初回、ルーカスの左中間を破る2点適時二塁打で逆転。しかし、先発のウーゴが踏ん張れず、三回に2本の適時打を浴びて再び追う展開となった。

 打線が底力を見せたのは2点を追う八回。松井永吉(まついえいきち)、八木健史(やぎたけし)の長短打で1死二、三塁とし、代打・村田修一(むらたしゅういち)の三ゴロと橋爪脩祐(はしづめしゅうすけ)、高野勇太(たかのゆうた)の適時打で一気に逆転した。

 再び同点に追い付かれて迎えた九回は死球の走者を二塁に置いて松井が右前に弾き返し、熱戦に終止符を打った。

 次戦は12日午後1時から、同球場で巨人3軍と対戦する。