1回、栃木GBの八木がライトへ先制の犠飛を放つ=福島ホープス西会津球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は3日、福島県西会津町の福島ホープス西会津球場で福島と対戦、9-3で快勝した。連敗を2でストップし、通算成績は5勝2分け6敗。

 栃木GBは9安打で9得点と効率のいい攻めが光った。初回、1死満塁から八木健史(やぎたけし)の右犠飛で先制。

 五回には山崎貴之(やまざきたかゆき)の左越え2ランなどで3点追加し、その後も小刻みに加点した。先発の金本享祐(かねもときょうすけ)は、六回まで被安打3、無失点と好投。七回に3連打で1点を失い、八回は2ランを浴びたものの、打線の大量援護を受けて完投した。