栃木GB-武蔵戦 三回裏栃木1死二、三塁、村田がライトに犠牲フライを放つ。捕手・横田=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は13日、小山運動公園野球場で武蔵と対戦し、4-8で逆転負けした。通算成績は1勝1分け2敗。

 栃木GBは三回1死一、二塁から、飯原誉士(いいはらやすし)の右中間を破る適時二塁打で先制し、村田修一(むらたしゅういち)が今季初打点となる犠飛を放ち2点目。五回も村田の左越え適時二塁打で追加点を挙げた。

 しかし六回に先発の小林佑輔(こばやしゆうすけ)がつかまり、3点本塁打を浴びるなど一挙5失点。2番手の前田大佳(まえだまさよし)も八回に3点本塁打をたたき込まれるなど、流れを止められなかった。

 次戦は15日午後1時から、福島県の郡山市営開成山野球場で福島と対戦する。