2回、中越えに逆転の2点本塁打を放ち、チームメートに迎えられる栃木GBの山崎(左から2人目)=栃木市営球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は2日、栃木市営球場で昨季王者の信濃(西地区)と開幕前最後の練習試合を行い、2本塁打を含む13安打の猛攻で7-3で快勝した。

 初回に1点を先制された栃木GBは二回、山崎貴之(やまざきたかゆき)の左越え2点本塁打で逆転に成功した。三回は4番村田修一(むらたしゅういち)の右翼線への適時打で追加点。五回はジョンの左前適時打と八木健史(やぎたけし)の2点本塁打、六回は飯原誉士(いいはらやすし)の適時二塁打で突き放した。守っても先発の左腕ウーゴが5回を本塁打による1失点と好投。六回以降は4人がつないでかわした。

 今季のBCリーグは7日に開幕し、栃木GBは午後1時から、前橋市の上毛新聞敷島球場で群馬と激突。ホーム開幕戦は8日で午後1時から、小山運動公園野球場で群馬と対戦する。