福田知事(右)に今季の成績などを報告する栃木GBの江部社長(中央)ら=県庁

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は19日、県庁を訪れて福田富一(ふくだとみかず)知事にリーグ参戦初年度の今季成績などを報告した。

 訪問したのは江部達也(えべたつや)社長と藪下和弘(やぶしたかずひろ)球団代表、辻武史(つじたけし)監督の3人。慈善事業の一環で、自動体外式除細動器(AED)を県に初めて寄贈した。

 栃木GBは前期最下位、後期4位と振るわなかったが、観客動員数は全10チーム中で2位。江部社長は「県民の方々に興味を持ってもらえた。オフシーズンは地域貢献活動を一層増やしたい」と手応えを口にし、福田富一(ふくだとみかず)知事は「来年は優勝できるように、県民に雄姿を見せてほしい」と期待した。

 一行は下野新聞社も来訪。岸本卓也(きしもとたくや)社長は「観客数が2位はすごい。県民が野球好きだとあらためて思った。来季も期待している」とエールを送った。