青空の下、稲刈りを体験する児童

 【小山】稲作を通して自然や生き物について学ぶ「田んぼの学校」に取り組む絹義務教育学校の3年生27人は14日、旧梁小付近の田んぼで稲刈りを行った。

 小中一貫教育を推進する同校は絹地区の福良、梁、延島の3小学校と絹中を統合して今春設立された。田んぼの学校は旧梁、延島両校で活用した2カ所の田んぼで行っている。

 汗ばむような青空の下、児童たちはコシヒカリの稲刈りを体験。この日は市内を活動拠点とする野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスの選手らも参加し、児童や指導役の地域住民と共に汗を流した。