延長11回、サヨナラの好機で栃木GBの江畑が右飛に倒れ悔しそうな表情を浮かべる=県営球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は2日、県営球場で新潟と対戦し、延長十一回の攻防の末1-1で引き分けた。後期通算成績は11勝4分け17敗で、順位は4位のまま。

 栃木GBは初回、板倉寛樹(いたくらひろき)主将の先頭打者本塁打で1点先制。しかし、二回以降はわずか3安打と打線が沈黙した。先発のウーゴは七回、無死三塁から同点の犠飛を許したが、九回を9安打1失点と粘りの投球。延長十回からマウンドに立った中崎雄太(なかざきゆうた)、前田大佳(まえだまさよし)はいずれも1回を無失点に抑えた。

 延長十一回裏には代打の情志(じょうじ)が死球で出塁し、2死三塁と一打サヨナラの好機をつくったが、2番江畑秀哉(えはたしゅうや)は右飛に倒れた。