6回2失点と粘った栃木GB先発のウーゴ=石川県金沢城北市民運動公園

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は20日、金沢市の金沢城北市民運動公園野球場で石川と対戦、3-7で敗れた。後期通算成績は9勝3分け15敗。

 栃木GBは2点を追う六回、橋爪脩祐(はしづめしゅうすけ)の中前適時打で1点差に追い上げた。だが、七回に登板した前田大佳(まえだまさよし)、小林佑輔(こばやしゆうすけ)のリリーフ陣がつかまり、この回だけで5安打5失点と突き放された。打線は終盤に2点を返す粘りを見せたが、反撃はそこまでだった。

 次戦は24日午後1時から、新潟県糸魚川市美山球場で新潟と対戦する。