4回、栃木GBの江畑が右前適時打を放つ=清原球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は4日、清原球場で新潟と対戦、3-4で逆転負けを喫し、連勝はならなかった。後期通算成績は8勝1分け9敗。

 栃木GBは初回、先頭から連打を浴び、わずか6球で先制点を献上。三回には1死満塁から追加点を奪われた。だが、2点を追う四回2死から板倉寛樹(いたくらひろき)がこの日チーム初安打となる二塁打を放つと、四球を挟み江畑秀哉(えはたしゅうや)の右前打で1点差。続く一、三塁の好機で野崎新矢(のざきしんや)がバントヒットを決めて同点に追い付いた。六回2死二塁は野崎が左前に運び、一時勝ち越しに成功した。

 しかし継投に入った終盤八回、3番手の橋詰循(はしづめじゅん)が相手4番・ウビエラに本塁打を浴びて同点とされると、九回に登板した中崎雄太(なかざきゆうた)が2死一、三塁からウビエラに決勝打を許した。

 次戦は5日午後2時から、富山市民球場で富山と対戦する。