栃木GB-新潟戦 5回、栃木GB・帷子の二ゴロで三走・江畑が本塁をつき生還。捕手・前田、球審・木村将=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は30日、小山運動公園野球場で新潟と対戦し、4-7で逆転負けした。後期通算成績は7勝1分け7敗と貯金がなくなり、順位は東地区4位に後退した。

 栃木GBは1点を追う四回、安打と死球で1死二、三塁の好機をつくり、大嶋達也(おおしまたつや)の遊ゴロの間に1点。さらに2死二、三塁から板倉寛樹(いたくらひろき)が右翼線へ二塁打を放ち、逆転に成功した。

 しかし、直後の五回に先発の金正沢(キムジョンテク)が3連打を浴びて同点に追い付かれ、さらにスクイズで勝ち越し点を献上。栃木GBも五回1死二、三塁から帷子翔太郎(かたびらしょうたろう)の二ゴロの間に同点に追い付く粘りを見せたが反撃もここまで。六回に2番手の小林佑輔(こばやしゆうすけ)が勝ち越しのソロ本塁打を許し、終盤もリリーフ陣が2本のソロ本塁打を浴びて突き放された。

 次戦は8月1日午後6時から、茨城県のひたちなか市民球場で新潟と対戦する。