野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は15日、群馬県の桐生球場で群馬と対戦、0-19で大敗した。19失点は今季ワーストタイ。後期通算成績は6勝5敗。

 栃木GBは先発ホーキンが初回、長短6安打を浴びて6失点を喫するなど2回9失点で降板。2番手以降も群馬の強力打線を抑えられず、3本塁打を含む大量22安打を許した。打線も二回1死一、三塁の好機に指名打者の山崎貴之(やまざきたかゆき)が併殺に倒れるなど、計6安打を放ちながらも無得点に終わった。