野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は7日、佐野市運動公園野球場で武蔵に1-7で敗れた。2連敗で後期通算成績は4勝3敗となった。

 栃木GBは先発ホーキンが序盤から相手打線につかまり、5回10安打7失点で降板。打線は初回、1番・江畑秀哉(えはたしゅうや)が中前打で出塁した直後にけん制で刺され好機をつぶすと、二~七回は毎回三者凡退。八回に大嶋達也(おおしまたつや)の右越えソロ本塁打でようやく1点を返したが反撃もそこまでだった。

 次戦は8日午後1時から、小山運動公園野球場で福島と対戦する。