栃木GB-滋賀戦 チームを勝利に導いた栃木GBの先発・ホーキン=県営球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は30日、県営球場で滋賀に5-1で勝ち、2連勝した。後期の通算成績は2勝1敗。

 栃木GBは初回、敵失や犠打でつくった1死二、三塁から八木健史(やぎたけし)の犠飛で先制した。2点リードの六回は高野勇太(たかのゆうた)の二塁打などで1死二、三塁とし、大嶋達哉(おおしまたつや)の右前適時打などで4点差に広げた。七回は八木のソロ本塁打でだめを押した。先発のホーキンも8回を投げて7安打1失点と好投した。

 栃木GBは1日午後1時から、福島県の郡山市営開成山野球場で福島と対戦する。